CSMオルタリング発売記念 仮面ライダーアギトですが名作

CSMオルタリング発売記念 仮面ライダーアギトですが名作。足りないところも、いっぱいありますよ。仮面ライダーアギトですが名作と言われてる割にあまり話題にならない気がするのはなんでなんですかね 劇場版。劇場版 仮面ライダーアギト []
, 僕は。ディレクターズ?カット版
の追加映像も入っているのかと思い買ったんですが。入っていませんでした。アナザーアギトは人それぞれ違ったものに見える。アナザーアギトは人それぞれ違ったものに見える。という可能性感じる設定
仮面ライダーアギト純粋な心の持ち主には今回はグランドフォームの群れが
無双されてるように見えるのアナザーアギトのキャラが分からないから勝つ
ことに拘らずどうせなら超レア技でやられようとしたとか言われて笑う
アナザーアギトから本物アギトになってアナザーアギトに戻った彼は誰だったん
です?仮面ライダーアギトって名作なのになんかあまり話題に出ないよね

仮面ライダーアギトとかいう名作www。目が見えなくなった氷川さん助けてくれるとこマジですこ名無し1ドラマ
の画的に見分け付かないから別デザインにしてたけど当人たちにはどっちも
アギトに見えてるってどっかで見た名無し1というか。仮面ライダーに
根本詳しくないんやけどクウガとアギトってなんか繋がりあるの? なんか雰囲気
にアギトだ!って言われてアギトだよって返すイケメン本編だけ観ると光の
青年=火のエルとはあまりピンと来ないのも影響あると思うよ仮面ライダーアギトですが名作と言われてる割にあまり話題にの画像。「CSMオルタリング」発売記念。今話題のキャラクター仮面ライダーアギト』の放送開始から年という記念す
べき年年。CSMシリーズ最新作としてアギトの放送当時に頂いた
DX変身ベルトを今日持ってきたのですが。こうやって見比べてみるとCSMは
さすが大人向け長い期間温めていただいた分。こういったものがプラスされて
いるのはありがたいです。コツですか? いやあ。考えたこともなかったな笑
。変身!ってあまり日常生活で叫ばない言葉ですし。言い慣れないもんです
よね。

足りないところも、いっぱいありますよ。ただ特に足りないのは、「ギルスに関するフォローが、ほとんどない」ってところですね。YouTubeではハーフエンジェルみたいなものと説明されてましたが???もしもトリプルフラッシュのギミックを利用して、同じベルトでも『心が陽の人はストーム、陰の人はフレイムになる』という設定を設けていたら、ギルスは存在から消滅しますが、葦原涼ももっと扱いが良かったでしょう。これが鎧武なんかに、ものすごく影響したでしょう。終盤にかけて、頭だけがすごく禍々しくなっていくとか???どの動画か特定は出来ないけど、YouTubeの2時創作SSで『昔はフレイムが基本フォームだった』って設定付けた人も、嘗ていまして。私は青=スパークフォーム、グランド=サンダーフォーム って具合に呼んでるよ。自分のようなオッサン視聴者も大勢いましたからね。最高視聴率14%近く、平均視聴率11%後半叩きだしたのもチビッコ、お母さん連中、昭和ライダー世代を受け入れたまさしく〈名作〉ですね。あまり話題にならないのも〈クウガは平成シリーズの基礎作った作品でもはや伝説的に語り継がれ、〉アギトの次作品〈龍騎は、今に繋がる異色のデザインと、13人の個性的な仮面ライダーを登場させ〉オモチャ売り上げも140億近く叩き出されたら、アギトの製作陣が挑戦した〈複数のサブライダーの元祖〉を倍を越えた人数で龍騎が登場させた為オリジナル要素がほぼなくなり、話題になるのは〈カッコよかった!!〉と〈歯切れのいい素晴らしい作品〉しか残りません。もう古い作品だし。ただ、昭和世代が共感するぐらいアギト、G-3、ギルス、G-4、アナザーのデザインは素晴らしく、物語も面白く、毎週待ち遠しかったです。ディスったらメチャメチャ敵作る作品である事は間違いないです。「オールライダー対大ショッカー」以降の「全員集合映画」でも扱いは悪く、モブでも大した活躍が描写されません。個人的には劇場版はそれ以降のどの映画よりも勝っていると思っており、実際に評価も高いんですよね。ですがことライダー=アギト自身は突出した独自能力に欠け、戦法やファイトスタイルもクウガ程の変化はありません。初期フォームも片腕のみが別造形で、頭はそのままで胸は色が違うだけと、こちらもクウガ程の面白さがありませんまた当時から「クウガに似すぎている」外見も不人気の要因ともされます。昨今のトンでもフォームや、やたら宇宙や次元の存亡までに安直に裾野を広げてるストーリー展開と比べたら、もっと評価していい番組でしょうが、如何せん神格化された「クウガ」と、それ以降の方針の基礎となった「龍騎」に挟まれてしまっているのが「不幸」といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です