近代の戸籍の展開 戦前の家制度について1 旧戸籍法では基

近代の戸籍の展開 戦前の家制度について1 旧戸籍法では基。裕福なところなら大きな屋敷に住んでいたでしょうが、多くの庶民は狭い家屋で大人数で暮らしたでしょうね。戦前の家制度について
1 旧戸籍法では、基本的に本籍地と住所は同じであった
2 当時の戸籍の単位だった、家、というのは概念的なものであり、現実に全員が同じ屋敷に住む必要はなかった 、とも聞きました

1の場合だとすごい大きい屋敷に祖父母、父母、配偶者や子や孫が住んでいる状態になりますよね、、

2のように、籍はそのままで分家はせずとも次男三男家族は付近に住んでいる というのが一般的だったのでしょうか 近代の戸籍の展開。1 はじめに 日本では,中国や朝鮮に倣って,古代から戸籍制度を採用してきた
。この戸籍制度の展 ならはん でん 収 しゅう 授などの基本的台帳として8
世紀から9世紀にかけて利用されてきた。 じゅ 第2は,近世の「宗門人別改帳
」である。江戸幕府である。近代の戸籍の端緒となるのは,1871明治4
年の戸籍法この身分登録証書の制度について,利谷の指摘は興味深い。
速水融は,宗門人別改帳の作成方法に関連して,「本籍地主義」と「現住地
主義」の

明治以降の戸籍の歴史。文政年年には。長州藩で戸籍法施行されたが。これが近代戸籍法の
原点とも言われています。戸籍法」明治4年4月4日大政官布告第号?
明治5年2月1日施行 日本で初めて本格的な戸籍制度が開始されたのがこの「
明治5年式戸籍」です。明治年に制定された民法旧民法では。人の身分
関係に関しても詳細な規定を設けられることになり。本籍地。前特に「身分
関係」については。戸籍簿とは別に「身分登記簿」というものが存在していまし
た。戸籍制度。戸籍の本籍地が現実の住所地を反映しなくなって。住民登録制度が戸籍と別に
制度化されたとはいえ。住民登録と戸籍とはの身分を知ることが原則的に
できないという点で。身分証書制度が戸籍制度と基本的に異なる制度であること
に変わりはない。戦後。家制度は廃止されたが。家制度と融合した戸籍の伝統
的な様式は基本的に保たれた。民法は継受法であったが。母国法の身分証書
制度を前提とした諸規定については。明治民法は身分行為の届出制をはじめ

戦後占領期の民法?戸籍法改正過程6「家」の廃。こうした改正過程には。日本の戸籍制度の二面的本質。即ち民法上の身分変動の
登録制度である面と。国家の新法戸主の廃止により。戸籍内のすべての者
について。戸籍上の取り扱いを基本的に同一としている。となって戸繍法改正
の「第二の流れ」をもたらしたことは必然的で 旧 この「第一一の流れ」の
法改正を。時系列に見ておこう。三通りの指令書の内容は。三月付が。本籍地
ではなく居住地ベースの人口動態統計の作成のための計画書を。同年戸籍制度の歴史とは。そこでこの記事では。知っているようで知らない「戸籍の歴史」について解説し
ます。戸籍は一体 戸籍の歴史はいつから? 古代 江戸時代の戸籍に
代わる制度; 幕末?明治時代戦前の戸籍制度; 戦後から今までの戸籍制度
この戸籍法では。戦前が「家」を基本単位としていたのに対して。夫婦とその
子供2世代が基本単位とされることになりました。本籍」。「身分事項」
。「戸籍事項」等の言葉は。ほとんど聞きなれない言葉だと思います。

裕福なところなら大きな屋敷に住んでいたでしょうが、多くの庶民は狭い家屋で大人数で暮らしたでしょうね。後述するように戸籍の構成員全員が同じ家に住んでいたとは限りませんが、それでも今より大家族が多いと思います。また、戸籍制度にも変遷があり、旧戸籍法である大正3年戸籍法も明治31年戸籍法も本籍=住所とは規定していませんでした。最初の近代的戸籍である壬申戸籍は、実際にそこに住んでいる人を調べて作成したので、本籍=住所でした。次の明治19年式戸籍もその考えを引き継いでいました。しかし、この頃からすでに本籍以外に居住する人が出てきたため、寄留簿という制度を作り、本籍を離れて居住している人を記載して、居住地と本籍地の役場で管理保管しました。今の住民票と戸籍の附票のような感じですね。明治民法で家制度が確立され、明治31年戸籍法が制定されました。戸籍は身分関係を公証するものと理解されて、民法上の観念的な家の所在地が本籍と解釈されました。つまり実際に住んでいる住所とは切り離されました。寄留簿制度も徐々に整備されて、大正3年には寄留法が制定され、本籍外に90日以上住所又は居所を有する者が届出対象とされ、戦後住民登録法の施行で廃止されるまで続きました。戸籍の編成単位である家制度の家は観念的なもので、家族共同生活の実態とは切り離されていました。さらに、男性が戸籍から抜ける原因は主として分家ですが、逆に言えば、分家しなければ住所や生活実態が別でも元の戸籍に留まり続けることになります。ですから、2については、別に付近でなくても何処に住んでいても構わないのです。まず、転居しても本籍地は変わりません。たとえば田舎の農家で長男はそのまま残って、次男は帝国大学を卒業して東京でエリート官僚になった、などという場合も次男の戸籍は実家に残ったままでした。従って1 は間違いと思います。また、戦後の核家族制度と違い、結婚してもそのままでは親や祖父母など戸主の籍から独立するわけでもありません。戸主の籍から独立するときには戸籍の分家という手続きが必要でした。2項は時代によって変わるかな。日本では複数の家庭が一つの「イエ」で共助しながら生活を営む「複合家族拡大家族」が珍しく無かったんです。ただ、明治になると「イエ」制度として整備されても、実態は核家族化が進んでいきます。それでも戦後すぐのあたりまでは、地域によっては複合家族が残っていたといいます。但し「複合家族」と「イエ」制度は別ものですけどね名残としては「実家」という観念が依然と強くあり、娘夫婦が実家暮らししていても、成人した子どもが実家に帰っていても、それは当然とされるあたりです。また、戸籍を実家に置きっぱなしというのは今も珍しくないです。親も祖父母も住んだことがない、3?4世代以上前の住所を今も本籍として使っている家庭だってあります。大きい屋敷に祖父母、父母、配偶者や子や孫が住んでいる状態になりますよね昭和40年くらいまでは、一般向けの建売住宅でも、育児室?老人室にあてる小部屋が用意されていました。日本の家の建具は取り外しできるので、いわば巨大なワンルームを仕切っているだけですから、夜は家族が布団を敷いて寝られるだけのスペースがあれば良いんですよ。「夫婦の寝室」という習慣も無く、「祖母、妻、娘、娘」というように、男性と女性に別れて同性の家族と一つの部屋で寝る習俗がありました。だから、そんなに大きな家が要るということも無いんです1.2は その通りです。個人単位の 住民登録制度が誕生したのは戦後、昭和26年からです。イエ制度は、「本籍地に住む家長家督相続人、父親もしくは長男が、子供やほかの兄弟姉妹とその妻子を管理監督せよ、家族は家長に従え」という制度です。妻は夫に従い、老いたら長男に従うという儒教の教えそのものです。父親が老齢化したら長男が、次男や姉妹を監督し、どこで何をしているか管理しなければなりません。だから、徴兵の命令書などは本籍地に届く、親が電報で知らせています。転居婚姻したら、本籍を分離し新戸籍を新しい場所に作る場合もあれば、そのまま置いておき、戸籍の付表に書き込むケースもあったようです。転居は、出稼ぎや留学単身赴任のようなケースは含みません。弟等の場合は分家が多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です