輪廻転生とは 仏法では生まれ変わりはあると説かれています

輪廻転生とは 仏法では生まれ変わりはあると説かれています。諸説が有り、理解するのも困難です。仏法では生まれ変わりはあると説かれていますが
、亡くなると、いきなり次の生命に生まれるの
でしょうか
あるいは、中間のような状態もあるものでしょうか 仏教の死生観。どちらも日本人の死生観に大きな影響をもたらしたと考えられるからである。
これに基づき。①記』の生まれ変わりでは。業に よって動物等になることが
説かれており。仏教の輪廻転生の影響を受けていると考えられる。仏教?神道?キリスト教の違いとは。日本では故人の供養方法こそ仏式が主流ですが。初詣や祈祷などで神社を利用
する方も大勢います。そんなキリスト教では肉体の蘇りが説かれており。その
教えを信じる者は天国に行くことができ。信じない者には地獄行き

世界の「死者の書」。しかし医師はすでに病人の死を察している。それはなぜかというと。依頼者の
服装とその日の星の位置が大変に悪かったからである。案の定。医師がその病人仏教ア?ラ?カルト。仏教以前からある考え方で,インドでは,古代以来,一種の“イデオロギー”のよう
なものになっています。仏教はこの輪廻思想を取り込んで,経典には,「
始まりはない無始」と説かれています。おもしろいことに,あるいは当然
かも輪廻転生とは。輪廻転生は日本では仏教の教えとして知られていますが。その解釈は諸説ある
ようです。生まれ変わりを思うのは。現在の自分に満足していないからでしょう
。過去や未来ばかり見ずに今。生きて

諸説が有り、理解するのも困難です。私は創価学会員なので、第二代「戸田城聖」会長の生命論の解説、生命の本質に対する解説「戸田城聖全集」の記載を読んで居ります。それを信じて居ります。詳細は読んで貰うしか有りません。簡単に説明出来る課題では有りません。母親の母胎に着床した瞬間から死ぬまでの生涯を本有といい、死の瞬間の死有を経て、いったん中有という世界に入ります。ここは最長で四十九日いて、その間に生まれるべき次の世界に生まれることになります。いきなりっていうのが、最初期の思想。大乗仏教だと中有っていう、待ち時間があるってことになった。成仏を遂げた方は即座に次の人間としての一生が始まります。また地獄行きになった方も即座に地獄での苦しい生死を繰り返すことになります。それ以外の方は49日間むき出しの生命のまま彷徨った後に、善悪の因果に則り次の一生が始まります。すぐに次の世界に生まれますよただ地獄に行って、お済度されたら地獄から抜けて中界に留まり時期が来たら、お釈迦様の正法に遇える縁を持って人間に生まれるように成ります中間のような状態亜頼耶識があると思いますよ。亜頼耶識とは「衆生本来仏なり」と呼ばれる自己本来の仏性、我々に備わっている永遠の生命。それが一切衆生の生死、霊魂、諸々の神仏と一体だと思います。私は、ある修行した方に聞きますと、13回生まれ変わりをしていて、これで、最後と言われています。生まれ変わるまでに約何百年くらいの間はあくようですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です