第2外国語 ★英語を土台にドイツ語を学習すると 英語力も

第2外国語 ★英語を土台にドイツ語を学習すると 英語力も。そもそも英語とドイツ語は共にGermanic。★英語を土台にドイツ語を学習すると 英語力もアップするのか こんにちは 今では 中国語や韓国語に押されていますが、ドイツ語と言えば 大学の第2外国語として フランス語と並んで多くの学生に学習されてきました 確かに、中国語や韓国語に比べたら 日本では使う機会はずっと少ないですが、中国語や韓国語から得られる有益な情報は少ないと思うし、ドイツ語の方がまだ教養としての価値は高いと思います
さて、ドイツ語を学ぶ人の多くは 既に かなり英語の知識もありますが、それでも 殆どは 日本語をベースに学習するのは普通ですよね つまり、使用する参考書類なども時折 英語を引き合いに出すものの 文法などの解説は日本語で書かれておりますよね しかし、中には 英語をベース、つまり 文法などの解説も全部 英語で書かれた参考書を使っている 英語の強者もおるかと思います

そこで、英語を土台に 別の外国語を学習することについて考えようと思います それには、賛否両論があるようです
先ずは、否定的な意見から

“同じ時間を英語の学習に使ったほうがずっと効率は良いです
私はドイツ語の学習に独英辞書を使いましたが、ドイツ語の語彙が英語よりも少ない状態では、英語の語彙力がつくわけではないことに気づき、ドイツ語学習の効率向上のために、独日辞書と、独独辞書の利用に変えました ”

次に、肯定的な意見です

“私の場合は英語で書かれたカセットテープ付きの教材でドイツ語を勉強しました そうしたところドイツ語のみならず英語の力もつけることができたように思えます
ドイツ語の文法についてもすべて英語で説明されているので、それを理解するためにはどうしても英語の知識が必要になります そのようにして私はドイツ語のみならず英語の知識をも向上させることができたように思えます ”

そこで質問ですが、英語をベースにドイツ語を学習するのは 日本語をベースに学習するよりも メリットがあると思いますか
また、この学習を実践するには どれくらいの英語力が必要になるでしょうか

尚、ここでは ドイツ語を取り上げましたが、同様に英語をベースに、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語などを学習された方も ご遠慮なく
ご意見をお寄せ下さいませ 2本セット。そのまま読み物としても楽しめるドイツ語情報も満載の学習書.☆級に頻出
する基本的な熟語,単語名詞,形容詞,動詞,副詞,口語表現を覚え
中学校レベルの英語の基礎知識で, 親戚同士のドイツ語を効率よく習得できます
.ハワードによる英語新訳書をテキストに。主として大学受験生や。英語力
アップを

「ドイツ語。ドイツ語の勉強をやり直す例文帳に追加 – 例
文集 ドイツ語の勉強を続ける例文帳に追加 &#; – 研究社 新
英和中辞典 彼は英語を勉強しているが。ドイツ語も勉強している。例文帳に追加ドイツ語を使えるようになるまでどれくらいかかる。日本人の平均的な英語力。日本人の英語力が低い理由。正しい外国語学習方法。
ドイツ語の習得単語と文法の知識を無意識的。自動的に使えるようにすること
を第二言語習得研究では「自動化」と言いますが。その自動化が語学力をアップ
する最重要課題です。また。アウトプットの練習として。自分の興味のある
分野や自分が直面すると考えられるシチュエーションに必要な単語

LingoDeer:英語?中国語?韓国語?フランス語?ドイツ語。&#; 受賞 初心者から上級者までレベルに
合わせて中国語?英語?韓国語の勉強ができる 累計万ダウンロード突破☆
1つの言語をマスターしたら。別の言語にも挑戦して有限会社。第二外国語独語?仏語?西語書籍出版好評発売中 初級ドイツ語参考書☆
個のフレーズ例文に初級で必要な語彙と文法を凝縮.そのまま読み物
としても楽しめるドイツ語情報も満載の学習書.無理せ電話の英語
トレーニング5ヶ月で習得。ドイツ語学習は英語に比べ文法の規則が多い事や発音の問題から難易度が高いと
言われています。最初は大変だけど語彙力を心掛けよう!なのでドイツ
語学習の序盤。特に土台となるドイツ語文法の基礎はしっかり勉強しましょう。
ドイツ留学ラボがお勧めする単語帳をランキング形式と 語彙力ドイツ語
の文法書は初め理解するのに大変苦労すると思いますが。もしドイツやスイス。
オーストリアに留学した時に現地でのドイツ語の授業もスムーズに

ドイツ語の学習と英語への影響:1か月経過。第二外国語のドイツ語をはじめるよりも。英語のブラッシュアップに力を入れる
べきなのではないか。英語とドイツ語とで文法や語彙の混同が生じて。英語力の
上達を阻害することにはならないのか。長女に過度の負担を第2外国語。第外国語は言語から選択でき。学芸学部の英語英文学科?国際関係学科は?
年次。多文化?国際協力学科は~年次において。第外国語の学習を必修
としています。?年次まで継続して学ぶ学生。第外国語にチャレンジする
学生も少なくありません。 英語以外の本学の第外国語は。フランス語。
ドイツ語。スペイン語。ロシア語。中国語。韓国?朝鮮語で構成されます。
また。留学も積極的に後押しし。本学での年目から年目の学習を通じて。実践
力を培います。

そもそも英語とドイツ語は共にGermanic languageと言われる同じ系統の言語です。今はかなり違いますが、昔はもっと近かったわけです。もっとはっきり言えば、古い英語は今のドイツ語と共通点が多かった。ドイツ語を学ぶことは英語の歴史、特に文法の変遷を理解する上で役に立ちます。フランス語は英語とは系統が違うが、かつてイギリスがノルマン王朝下にあったころは公用語がフランスで、英語は消滅の危機に瀕していた。当時大量の語彙がフランス語から英語に流入し、語彙レベルではフランス語は英語に最も近い言語になった。最近は英語からフランス語への語彙流入が著しい。だからフランス語も近い。根っこは違うが。だけど将来アメリカに住むならスペイン語が一番役に立ちそうだけどね。??語をもとにして△△語を学ぶ。いいですねえ。昔はマイナーな言語の参考書はなかったから、英語経由で学ばざるをえなかった。例えば Teach Yourself のシリーズ。英語をベースにしてドイツ語を学ぶと英語の学力が上がるか。ま、ドイツ語の参考書は日本語のものがたくさんあるから、Teach Youself のごやっかいになる必要はないな。相互作用があって、英語の特徴も分かるし、ドイツ語の特徴も分かるようになる。このことを学力が上がると言うのかどうか。多言語比較研究は面白いですからね。をのぞいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です