第189回国会 今更なんですが集団的自衛権が可決されると

第189回国会 今更なんですが集団的自衛権が可決されると。>今更なんですが集団的自衛権が可決されると戦争になると考えてる理由が分かりません逆に、集団的自衛権を行使できるようにしておいて、戦争にならないと考えているその思考がわかりません。今更なんですが集団的自衛権が可決されると戦争になると考えてる理由が分かりません
戦争に参加できるだけであって、必ず他国の戦争に参加する義務はないですよね 可決されると徴兵されるという人もいましたが
可決されたからと言って自衛権強化する必要性全くないですよね
もし参加したいんだったらありのままの戦力でちょっと手伝えばいい話じゃないですか いまさら聞けない「集団的自衛権って何ですか。国際社会では「集団的自衛権」はいかなるものと考えられているか?しかし。
「集団的自衛権」なるものが国際社会でどう理解されているかを知ると。
そもそも私たちは何をめぐって議論していた集団的自衛権。この行使を容認
する閣議決定が。強烈な違憲行為であり。立憲主義への脅威として捉えられ。
安倍政権を糾弾する国民運動に発展した。アメリカがやる勝手な戦争??それ
も何千キロも離れたところの??に日本が巻き込まれる。と。まさかこんな
ことになるとは…

集団的自衛権についての私の具体的考え。防衛問題について議論するのはいいですが。意見が合わないからと言って。国内
でいがみ合ったり。右だから。左安倍内閣や自民党国会議員総務会。
そして原稿を書いている官僚の皆さんは。集団的自衛権の閣議決定の中で。日本
国憲法自衛権行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定に抗議し。安倍内閣に
対し。「集団的自衛権が行使された場合。他国の戦争埼玉県議会自民党からは
。憲法改正案の早期作成を求める意見書が7月11日提案され。可決される
民主?「国の存立を全うし。答 集団的自衛権とは。国際法上。自国と密接な関係にある外国に対する武力
攻撃を。自国が直接攻撃されていないにも答 今回の閣議決定は。国の存立
を全うし。国民の命と平和な暮らしを守るために必要最小限の自衛の措置をする
という政府の憲法解釈の基本的考え方を。閣議決定は。その上で。自民。公明
の連立与党の濃密な協議の結果を受けたものです。問17 日本が戦争を
する国になり。将来。自分達の子供や若者が戦場に行かされるようになるのでは
ないか?

集団的自衛権ってどういうこと。ことになっていた。でも安倍晋三内閣は。戦争をしないと定めた憲法九条を
どう考えるかという「解釈」を変えて。これを認めようとしている。自衛隊の
あり方が大きく変わるかもしれない。 集団的自衛権は。自分の国日本が攻撃
されなくても。「密接な関係」にある国アメリカが攻撃されたときに。
いっしょに防衛する権利のことです イラスト?たなかさゆりは大きく変わって
いる。 安倍晋三首相は。それを理由に憲法の解釈を変えたい考えなんだ。日本における集団的自衛権について。条戦争放棄,戦力不保持,交戦権の否認 と 条 する場合,刑法で
いう「正当防衛」の考え方を 持ち出して侵害されるというときに,この自国
を防衛する ため」のる。国連憲章全ての条文の中でこれ以外に,自 衛権
について定めた条文はない。他の条約でも 集団的自衛権を含む自衛権について
規定されて書の解釈になると「集団的自衛権は,憲法上行全く観念的な議論
なんです。

第189回国会。安倍総理が取り戻すと称している日本は。このころの。つまり満州事変から日華
事変。日中。日米戦争へと至る。あるだなんということは全くおっしゃらずに
。集団的自衛権の行使は憲法違反であると明言されているじゃないですか。
総理は。昨年七月の憲法解釈変更の閣議決定に先立って。集団的自衛権行使など
が必要になるとされる十五事例この安全保障法制を衆議院議員の立場でとめる
ことができるのは。この内閣不信任を可決することしかありません。

>今更なんですが集団的自衛権が可決されると戦争になると考えてる理由が分かりません逆に、集団的自衛権を行使できるようにしておいて、戦争にならないと考えているその思考がわかりません。だって、集団的自衛権を行使するというのは他国の戦争に加担するということ、それが国際法上の定義なんですから。>戦争に参加できるだけであって、必ず他国の戦争に参加する義務はないですよね いいえ、同盟国間においては義務。それが世界の常識です。ですから、アメリカの集団的自衛権行使要請を受けて、全てのNATO加盟国が、アフガニスタン戦争に参戦したのです。逆にお聞きしたいですね。あなたは何のために集団的自衛権を行使できるようにしたのです?集団的自衛権行使というのは、自国以外の国が武力攻撃を受けた時に、その国の要請を受けてその国を助けるために武力行使をするということ、それが国際法上の定義。つまり、集団的自衛権を行使できるようにしたところで、単に自国の防衛力が他国のために使われてしまうだけで、自国の防衛には何のメリットもないのです。にもかかわらず世界に集団的自衛権という概念があるのかと言えば、集団的自衛権を行使して他国を助ければ、次に自国が武力攻撃を受けた時に、その他国がこれまで以上に自国を助けてくれるだろうと期待できるからに他なりません。安倍政権は戦争法を制定する際に、これで日本の抑止力を高めるとか説明していましたけど、あんな法律を制定しただけでは、アメリカが今まで以上に日本を助けるなんてことは期待できない。次のアメリカの戦争に参戦して、自衛隊員が血を流して、初めて日本の抑止力はアップするのです。つまり、日本の抑止力アップという目的を達成するためには、まず他国の戦争に参戦しなければならない法律だから、あれは戦争法と呼ばれるのです。逆に、あんな法律を制定して、集団的自衛権も行使できますとか言っちゃって、これでアメリカの戦争に「義務ではない」とか言って参戦しなかったら、次に日本が武力攻撃を受けた時に、アメリカも同じことを言いますから、日本は単独で戦わなければならなくなる。つまり、日本の抑止力を大きくダウンさせることになるのが、あなたのような考え方なのです。あんな法律一本で、アメリカが日本を今まで以上に助けてくれることになったなんて思っているなら、「平和ボケ」もいいところ。アメリカの戦争に参戦しない限り、アメリカにとって何のメリットもない。むしろ、これで参戦しなければ「裏切り者」扱いとなる、そういう話です。>可決されると徴兵されるという人もいましたが>可決されたからと言って自衛権強化する必要性全くないですよね強化どころか、現状維持すらできなくなるのですよ。戦争法制定と時期を同じくして自衛隊志願者は激減しているのですから。安倍政権成立前後の男子の一般曹候補生の志願者数は以下の通り2011年度 43,529人 試験を春秋2回実施2012年度 29,092人 試験は1回のみに変更、東日本大震災2013年度 29,535人 安倍政権成立2014年度 26,735人2015年度 21,181人 戦争法成立2016年度 20,444人2017年度 24,267人 試験を春秋2回実施一般曹候補生試験を春秋2回実施するというのは、イラク派兵で志願者が激減した後、2009年度から2011年度まで実施されていた方法で、当然のことながら一部の志願者はダブルカウントされます。それによって、何とか2017年度の志願者数は前年度を上回っているかのように見せることはできましたけど、その数字は2011年度の時と比べても44%も少ないものです。そして昨年8月に立て続けに、『自衛官の採用上限、32歳に引き上げ 人材確保の司令塔部署も新設 少子化で迫る「静かな有事」対応』 産経新聞『自衛官定年、1~5歳延長を検討…人員不足解消』 読売新聞こういったことが報じられた。これらの数字や報道を見てもなお、日本は徴兵制に近づいていると認識しないようなら、そういう方は「平和ボケ」さんってことでしょう。>もし参加したいんだったらありのままの戦力でちょっと手伝えばいい話じゃないですか? それでアメリカが満足するんですか?アメリカを満足させなければ、日本の抑止力をアップさせたことにはならない。それが集団的自衛権を行使するってことなんですよ。その根本的なところがお分かりになっていないようですね。そうですね。可決されると、どころか、2015年9月に可決済みですが、4年も経つのに戦争になる様子はサッパリありません。日本を売りたくて仕方ないパヨクの言いがかりに過ぎないってことですね。今まではベトナムとかイラクとかでも憲法を理由に派兵を断れた。あるいは最低限の協力とすることで名目が立った今後は米国の要請をそう無下には断れないだろう名目上義務がないということと、実際に要求されて断れるかということは全然意味が違う現実の政治外交は建前だけじゃないんだ。我が国と米国が同盟関係を維持しようとするならば、米国は日本を米国が助けるという片側責務だけではなく、米国の戦争を日本が助けることも当然求めてくるだろう。そしてその戦争が日本にとってあまり正統性を認められないとしても、中露朝韓あたりとの対立がある限り日本はそれに相応の手間で応じなければならないだろうそういうのは殆どがブラックプロパガンダですね事実無根で感情に訴えかける世論操作目的のデマです。そもそも徴兵制だって国の国力を総動員する為の制度ですから、同盟国があるなら必要のない話ですしw他国の戦争に参加する義務はありませんが、国連軍として参加を求められれば拒否できないでしょう。また、アメリカが攻撃されれば当然日本も参加することになります。そうなった場合に、戦争に巻き込まれる可能性が今までよりも高くなることは間違いありません。戦争の参加を拒否するのなら、集団的自衛権を認める必要も無くなります。そのままちょっと参加して、そのままちょっと攻撃されるだけです。革新系の人たちはスーパー保守のガッチガチなのです。とにかく今の状況を何一つ変えられるのが嫌なのです。公務員や労働組合のある大企業の従業員は自民党見たいな改革しまくる連中が目の上のたんこぶなのです。デフレ最高格差社会最高と思ってるのに余計なことすんなって感じです。安保についても米軍に守られている安全地帯で危険な任務に当たっている人々を批判することで自分が安全で平和な暮らしをしていると実感できるのですw基本的にはそうだが頭がおかしい奴の発想は常人の理解できるものではない。アメリカに対して集団的自衛権を行使する義務がある条約を結んでるポーランドでさえ、アメリカに対して集団的自衛権を行使てる最中に少子化を理由に徴兵を止めたってのに、国際情勢を全く知らない愚か者が居るようで。「戦争になる」ということはありませんが「戦争になる可能性が高まる」ということになります。単純に考えて今までであれば専守防衛の場合しか戦争にはなりませんでしたが、集団的自衛権を有したことにより「同盟国が攻撃を受け云々」と定められた条件を満たせば戦争に参加することが出来るという「機会」が増えるということです。ちょっと手伝うことでも死者は出る可能性がありますし、同盟国が「ちょっと手伝い」を承諾するのか?という問題もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です