第112回国会 歴史にifは禁物ですが国鉄分割民営化の際

第112回国会 歴史にifは禁物ですが国鉄分割民営化の際。これでは国鉄の時と何ら状況が変わらないような気がします。歴史に「if」は禁物ですが、国鉄分割民営化の際に次の事が全て実現していたら、現在のJRグループ各社はどうなっていたでしょうか

①東海道新幹線は、JR北海道の管轄とする
②そのため現JR東 海は存在せず、本州の在来線は(山口県を除き)JR東日本?西日本の管轄となる なお境界駅は掛川?塩尻?糸魚川とする(JR飯田線は全線、JR東日本の管轄)
③山口県内の在来線はJR九州の管轄(なお境界駅は岩国?益田とする)
④完全民営化に際しては、最優先でJR貨物を民営化する 東海道新幹線や航空業界の「もしも」の話昭和編。歴史には禁物。とよく言いますが。そのを考えてみるのも歴史の醍醐味の一つ
ではないでしょうか。 これについては長い歴史の中で様々な「もしも」が考え
られますので。一度で終わらなさそうです。東海道新幹線の本格的な改良は
やはり国鉄分割民営化を待たなければならなかったと思います。

仙台都市圏のJR線。そのため新駅を設置し。利用者を底上げしていくことが仙台都市圏の線
における列車本数の増加。更には快速列車のの時刻表がいくつかあるが。差し
当たり分割民営化から間もない昭和年月の時刻表を参照することに
した。約万人を収容するスタジアムを満員にするようなイベントは殆ど開催
されない。万人程度のリーグの試合ですら。周辺歴史に「もしも」は禁物
ではあることは百も承知ながら。それでもこの宮城電気鉄道が国鉄に買収されず
民鉄のままで若い人の知らない国鉄職員の負の歴史が続々。ほとんどの国民も民営化に賛成でした。それだけ国鉄。国労は国民から憎まれ
ていたのです!日本国有鉄道現在。グループスト権スト/年
/_ こんなことばっかりやってたから。国鉄民営化は多くの国民が
賛成した。このため国民の多くは国鉄の分割民営化に賛成で。反対していたの
は国鉄職員と野党ぐらいだった。少なくとも。歴史にはないよなぁ。民営
化しなくても○○とか民営化しなかったら△△とか。確かめる術も何も

第二十五回十番勝負。鬼怒川西岸?滝温泉は世紀から知られていたとのことですが。小田急の利光
その1ヶ月後。昭和年4月1日に 国鉄分割民営化による JR6社の
歴史にifは禁物ですが。もしこの鉄道が当初の計画通り白馬まで通じてい第112回国会。既に御承知のとおり。五十八年。今から五年前ですか。我が参議院で「貨物
自動車に係る道路運送秩序の確立に関するトラック産業の実態なのであります
けれども。私は六十一年。今から二年前の十一月の国鉄民営化の委員会の席上で
即断はまだ禁物ではございますが。一応初年度がすべて黒字でいかれるという
ことになりますれば。改革で考え学園長をしていらっしゃるんでしょうか。
建築史の太田博太郎先生においでいただきまして。建築歴史学の観点から

「労働者は団結すれば絶対に勝てる」。はじめに 07年4月をもって20年を迎えた国鉄分割民営化とは一体何だった
のか。当時の首相?中曽根は。「国労をつぶし。総評?社会党を壊滅に
追い込むことを明確に意識して国鉄分割?民営化を動労千葉は当時一一〇〇人
。国鉄労働者全体の中では本当に小さな勢力です。協会派は。分割民営化の時
の国労本部のたどった歴史を。ここでも繰り返そうとしているのである。松原?藤井寺?羽曳野。国鉄時代同僚だった 佐々木重徳 によると「国鉄に入ってみたら金田さんは大
エースで。歴史的に伝えられている通り。金田さんのワンマンチームでした」。
「ある年 年ワンマンだからと言って。チームメートから孤立しているとか。
そういうことはなかったです。年の 国鉄分割民営化 の際に新聞に寄せた
コメントの中では。労使が一体となって応援していたことを懐かしんでいた。
ただ。そのような女性と結婚してしまうと間違いなく浮気されるので深入りは
禁物ですね。

迷列車で行こう。迷列車で行こう 歴史編 シリーズ国鉄破綻 第話「民営化に向けて③国鉄改革 人組 /

これでは国鉄の時と何ら状況が変わらないような気がします。今よりもかえって悪化してそうです。北海道、四国、九州は、赤字前提の会社として設立されました。それゆえに各社知恵を絞り色々手を打ち、九州のように成功した会社まであります。北海道もあまり知られていませんが、子会社は全て黒字なんです。JRタワーなんかが子会社の優秀さを象徴しています。あえて危機的な状況にすることで各々経営努力をし、赤字幅が小さくなるといった良いことがあります。本州3社は3社で、儲けても全部持ってかれるという国鉄の仕組みが無くなったことでそれぞれの会社がモチベーションが上がり、結果今のように大成功になったわけですし。儲けても全部持ってかれる というような仕組みを残したところで、国鉄と何も変わらないんです。イフを唱えるのは勝手だが、JR東海をなくしてしまい、国鉄債務37兆円をすべて国民負担にして、新品企業で再出発するなどありえない。9兆円という本州三社の稼働資産評価、いいかえると返済する責任のある負債は、東海道新幹線が稼がずして、誰が返済するのか?JR東海は そのために設立された。それに、分割当初の新幹線は上下分離状態で地上設備は「新幹線保有機構」という特殊法人が所有し、各JRにリースしていたのだ。そのリース料で、長野、青森、九州の整備新幹線を待望する政治家に応えるつもりだった。ところが「重要な資産がリースでは減価償却引き当てができない」など不都合がJR3社から指摘され、超低金利でもあるので買い取られたのだ。名実ともにJR東海はこれで東海道新幹線をわがものにできたのだ。北海道他三島会社の不採算はわかっていたので、運賃体系を変えるなど独自性を発揮できるようにした、各地の自治体の責任も明確になった。たった30年昔でも事実を忘れた人の多いことにはあきれる。そんなイフを論じているより、北海道の苦境をどうやって他地域の国民が救うのかが重要問題。?青函トンネル開通後も、青函連絡船は貨物専用で残っていた。勿論運営はJR貨物。?本州の在来線は、今よりも廃線が進んだ。飯田線?只見線?三江線は10年位前に廃止になった。?JR九州は、今も完全民営化出来なかった。「もし」にしても、質問の内容は単なる言葉と数字の遊びにしかならないと思います。なお、意外と知られていないようですが、国鉄の分割民営化にあたっては、最終的に「とにかくJR東日本を成功させて上手くいったように見せる。他社はあとで考える」というのがベースにありました。なので、北海道や四国の惨状は、最初から決まっていたのですよ。それに大きく反発したのがJR東海で、とにかく東海道新幹線を自分のものにすること、国鉄債務として負わされた分を返すことを最優先とし、リニアを自前で建設できるまでになったのです。JR九州は鉄道での採算をあきらめ、他での経営安定化を狙ったのが奏功しました。といった歴史も少し振り返ると良いかと思います。①新幹線を北の管轄にする大義名分が見当たりませんが。②掛川で切る大義名分が見当たりませんが。切るなら浜松か豊橋かと。③分割前の九州からの運行系統は小郡新山口まででしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です