現代社会と宗教 幸福の科学やその他宗教は何ゆえにこの世界

現代社会と宗教 幸福の科学やその他宗教は何ゆえにこの世界。この世界に意味付けをしようとした結果宗教が生まれているからでしょう。幸福の科学やその他宗教は何ゆえにこの世界に意味づけをしようと試みるのか エゴイズムと悲劇に満ちた世界に何ゆえに神を探す 事実が事実としてただあるのみ 他の動物のように思考することをやめ、盲目的に生きること もし神なるものがいるならば、それが神の望みではないのか 現代社会と宗教。であるが,いわゆる「統一教会」や,「幸福の科学」や「法の華?,さらに「
エホバ の証人」ようになると,自分が住んでいる世界について,&#;二分の
41の値や意味について&#;留学をしようとする学生諸君には,自分のことを
むしろ「不可知論者」‐現代を通じての多面的批判のゆえに,知識人
を始めとする多くの人々が,伝統的キこの岐後に至って,ようやく何ほどか
仏法本来の要が{れた気①「僧〉に方づけられた宗教」-

ヴェーバーの宗教理論と現代日本の諸傾向。軍のみならず,多くの人文?社会の科学者にとっても重要な政策ないし問題が
何であったのか。日本の資料はもちろん,ヴェーバーの業績は膨大で,学際的
視点かつ世界このことを念頭において,ヴェーバーの定義にふれた諸見解や
その他を検討してみよう。これ らなどの述一般から抽出しようとする。を
「宗教的ないし呪術的に動機づけられた行為」[]と定義している。ロテ
スタンティズムの倫理と資本主義の精神』をみると,宗教倫理の意味がこの精神[
エートス]「近代」をめ々る新?新宗教の一考察。第一次?第二次の宗教ブームでは。近代的な「意味市場」におけるえて。そこ
に納得のいくーまさに「知識人が世界観や人生観の追及を主知主動」という
側面から見るとき。 「幸福の科学」の方がより分析に適すると判断 されたので
ある 問 。 そこで次章以下。この「運動」を進めていく上での組織化過程を教団
と信徒象名詞は。時代を超えた耐久性の故に。宗教ビジネス界における賓室な
ハードなることによって。大川の「人類幸福化運動」を宗教的必然として動機
づける

吉本隆明の183講演。一番初めに幸福の科学のことを申し上げますと。これは大川隆法さんという人が
教祖で始めた宗教なのです。この人の本はやはり随分ある何をしようとして
いるのかというのはとてもよく分かるというふうに思います。 大川さんの宗教的

この世界に意味付けをしようとした結果宗教が生まれているからでしょう。意味がない、のは『世界の在り方』だけです。意味を与えるのは人間で、『世界に意味が発生しない』訳ではありません。多くの人間はそれで満足を、安心を得ようとしている。もしそれを否定するならばあなたは何故ここで質問をしているんですか? それこそ『意味のない』行為でしょう?ただ、知識欲が満たされる、自分の正当性が認められて承認欲求が満たされる、質問をする意味なんてそれくらいでしょう。事実があるのみだ、というスタンスなら『意味付けしようとする人類もいる』という事実で終われば良いのですから。人間には苦しみや価値観の混乱という事実があるからだと思います。無我になる、というのはある意味究極の自然体だと思います。この世は矛盾だらけですが、神様は人間に思考力を与えましたので、考えなさい、悟りなさいということでしょう。幸福になる信仰、考え方を持つことが大切だと思います。幸福の科学は、神から来たもの、ということになっているので、そういうことがあっても問題ないのでは?不思議なものだけれど、神は成長を願っている、と思える部分はある。常に謙虚で努力し、あきらめないでいよう、心をきれいに保とう、と思っていると、どこか、何か、感じるものがある。木々は成長する。小鳥たちはさえずったり、遊んでいたり、いろいろと世間話をしている。それはそれぞれの存在として、方向性として願われているものがあるかもしれない。人よ、強く、美しく、そして、よきものとなれ、のような。まぁ、それがわからない人であれば、金ほしい、やりたい、楽したい、になりますかね。世界なり、神のことを考えるのはばかばかしい。しかしながら。h0q氏は、いつも、うすいねぇ。あの人、ほんと、うすいよねぇ。頭の中、どうなってんだろう?事実は事実として、神の存在を知らねばなりません。神の望みは、例えば、人類を1本の桜の樹に例えるならば、満開の桜を見たい、一人一人が皆開花した見事な満開の桜の樹を見てみたい、そんな純真な想いかと思います。人は一人一人が愛があり知恵があり正しく発展できる仏性を持っています。その仏性の開花を望むように人は創られており、その望みに近づくたびに人は幸福を感じます。だから宗教は神の想いを遂げるため、一人一人の幸福のため、一人一人が花を咲かせられるよう、懸命に神の教えを伝えています。一つひとつの花は互いに別々のように感じているかも知れませんが、皆一本の樹として繋がっているのです。しかし、一人一人がそれぞれ一つの花を咲かせるかどうかは、一人一人の自由な想いに委ねられており、なんとも厳しい条件を課したものでしょう。それを一斉に咲かせようと言うのだから、神とはなんと気長な、宗教とはなんと気長な活動なのだと思います。現状を神の目から観たならば、人類の樹は未だ一分咲きにも程遠い、みすぼらしい樹に観えることでしょう。現代人が宗教に魅かれる重要な理由の一つは、確かに、そういうものがあると思われます。自分が存在しているのには何か特別な目的?意義があると思いたいのだと思います。道がなければ歩けない、と駄々をこねているようなものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です