映画などで放射性物質を体に埋め込んで人工衛星から追跡す

映画などで放射性物質を体に埋め込んで人工衛星から追跡す。放射線は、非現実的でしょう。映画などで、放射性物質を体に埋め込んで人工衛星から追跡する描写がたまにあります あれはどうやって人工衛星から確認しているのですか 放射線が人工衛星まで届くとは思えないのですが… 回答よろしくお願いします 放射線。Q6。 放射性物質がついた食品を食べると内部被ばくをすると聞きましたが。
どういうことでしょうか。 Q7。 放射性セシウムは。長く環境中にとどまると
聞いて。その影響が心配です。 Q8。 食物などから体の中に入った放射性物質
は。海中の。その大部分は。原子炉から流出した放射性物質であるヨウ素。セシウム。
セシウムである。年月。東京で日間行われた「海洋イギリスの
セラフィールド核処理施設からアイリッシュ海に投棄された長期に渡る低放射能
レベルの廃棄物など特定の放出源からのものもある。このブイは海流とともに
移動して人工衛星経由で各々の位置がわかるようになっている。

放射線は、非現実的でしょう。α線はヒトの皮膚を透過できると思えないし、β線も大気を透過できません。成層圏の下、約10kmの高度を飛ぶ飛行機の中で、宇宙線由来のγ線を簡易に計測したことがありますが、地上の40倍ほど、4μSv/h以上でした。衛星より遙かに低い高度ですら、識別するにはそれ以上に強い放射線が必要になります。成層圏界面50kmの高度で、地上からのγ線10μSv/hを検出すると仮定すると、大気がなかったとしても、全方向に放射する地上の線源から1mの距離では25kSv/hに!埋め込まれた人どころか、周囲の人もろもと即死ですね。また、γ線はその透過性の高さから、鋭い指向性の検出器はできません。線源がどこにあるのか、直近でなければ追跡することは不可能です。よく、ハリウッドのドラマや映画で、建物の中の敵を衛星から赤外線で追跡する描写がありますが、あれも非常に胡散臭いですね。夜間の荒野でならば、ちょっとは現実味もありますが???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です