文学と社会 学生時代の近現代文学のノートがあったので読ん

文学と社会 学生時代の近現代文学のノートがあったので読ん。2作品の類似点をわかりやすく書くと、こんな感じでしょうか。学生時代の近現代文学のノートがあったので読んでいるのですが、藤村の破戒とドストエフスキーの罪と罰の類似点を述べよって課題があったんですが、たぶん友人のレポートを自分なりにアレンジし た記憶があります
ー破戒ー
日本びおける自然科学文学の傑作
この作品以降、日本文学は飛躍した
破戒は、秘めたる隠匿を父と交わし約束に拘束され、血統主義への理不尽さを感じながら教鞭をとっていた丑松、そこに猪子蓮太郎の決然とした闘争に感化され最後はカミングアウトし渡米する事で救いを得た 罪と罰は、ラスコーリニコフは神や神聖なものへの憧憬に懐疑心を持ち、自らの確固た信念の為に、強欲である老婆を殺害するが、そこに予期せぬハプニングから自ら罪と罰の世界に自を投じる事となる 不安に苛まれた彼は純粋な少女と出会い、ついに自ら罪を悔いる事で彼は救われた と書いてあります
一応、単位は貰ったぽいのですが、しっくりきません
上手く解説できる方、お願い致します 文学と社会。文学と社会 夏目漱石。川端康成。森鷗外。村上春樹など日本を代表する近現代
文学の作家たちが京都を舞台にした作品文学と社会」ではそうした作品を
読み解き。そのおもしろさを知るとともに。作家が生きた時代社会や他の作家?
作品と材木用の北山杉の丸太を並べて干している様子を表した非常に優れた
描写です。瀧本教授はこのように作品の中に潜む新たな視点に光を当て。学生
が見ているようで見ていない世界を垣間見せます。こんな匿されたテーマが
あったのか!

解説「太宰治の旧制高校時代のノートについて。それは令弟太宰治の日記帖と大きな信玄袋に入った青森中学校。旧制弘前高等
学校時代の教科書やノート等であった。たが。つい先年。リュックサックに
入った彼注ー太宰治の中学時代の教科書が荷物の中からドサッと出てきたの
です。された折。そのオープニング?セレモニーとしてコピー五枚が公開され
。その後。青森近代文学館が委託管理するに至ったからなっているが。この
ノートには文学作品の現代語訳が記されているので「読方読解」に該当するもの
であろう。平野啓一郎による平野啓一郎。これまで何となく読んできた小説とは文体がまるで違う。非常にきらびやかで
華麗な文章でした。文学を読むと。周りとの円滑なコミュニケーションが
難しくなって。自分が苦しくなるという感覚があった。同じく学生時代に
デビューした大江健三郎さんの芥川賞受賞作『飼育』や村上龍さんの『限りなく
透明に近いブルー』などは。その世代の声を代表する当時の日本の文壇では。
やたらに「文学は終わった」「近代文学は終わった」という言説が唱えられてい
たんですね。

近現代文学研究関連の情報収集。- 事典の記述から探す; – 作品本文から探す; – 文学年表から探す; – 同時代
の作品評を探す; – 同時代の記事近代日本の著名文学者については。研究文献
目録が整備されているものも多いので。まずはそうした蓄積を参照するのが早道
です。近代文学研究叢書』には。各作家ごとに経歴から年譜。著作目録。参考
文献などがまとめられていて便利です。代表的な日本文学の研究誌市販で
あった『国文学 解釈と教材の研究』学燈社。『国文学 解釈と著者インタビュー。早稲田大学第一文学部を卒業後。同大学院修士?博士課程で日本近代?現代文学
。文学理論。「異化の詩学と政治学」を研究。学生もいるんですけれど。基本
的に大学というところは。学生が毎年変わっていきますので。生きた時代と接し
ている感じがしていますノートを読み上げているような講義だと。落ち込む
こともないですが。楽しみもないはずです。僕は読む時はたいてい全部読んで
しまうので。家にあった漱石全集を中学年の時に一夏かけて全部読んでしまい
ました

教科書のなかの文学/教室のそとの文学──芥川。今や。日本の高校で学んだ人はほとんど「羅生門」を読むという状況になった
のである。 「羅生門」の教材としての価値はさまざまに指摘されているが。高校
一年生の小説読解の基本的な力を養う

2作品の類似点をわかりやすく書くと、こんな感じでしょうか。主人公は、世間に隠し事をして生きている。だんだん、その状態に耐え切れなくなる。本当のことを話して、偽りの生き方をやめたいが、それにはきっかけが必要。きっかけとなる人物と交わることによって、本来の生き方をしようとする思いが徐々に強くなり、ついに告白に踏み切る。告白後は、新天地に逃避して、本来の自分の生き方をしたいと願う。あと、誤字で気になる誤りだけ、直しておきます。日本びおける自然科学文学の傑作→日本における自然主義文学の傑作自然科学文学というのは無いでしょう自ら罪を悔いる事で彼は救われた→自らの罪を告白する事で彼は救われた思いを得た「罪と罰」をよく読むとわかりますが、ラスコーリニコフは、自分の犯した行為がもたらした予期せぬほどの重荷に絶えられなくなって、告白または自白するわけですが、行為そのものを悔いてはいません。つまり、最後の最後まで、老婆を殺したことを後悔などしていないのです。だから悔いてもいないし、宗教的な意味で救われたとも言えない。もちろん本人は、救われた思いは持っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です