建機用語説明 ユンボのサイズを表すときに○○立米と○○ト

建機用語説明 ユンボのサイズを表すときに○○立米と○○ト。立米はバケット容量です。ユンボのサイズを表すときに、○○立米と○○トンという場合がありますが
どのように使い分けますか 建機用語説明。油圧ショベルのバケットの容量立米,のことです。 機械に通常コンマ
45は 立米通常ですと機械本体の大きさをあらわす際にコンマ~
という呼び方をします。 今と昔の機械では大きさや容量計算方法が変わっている
場合もありますがコンマ1 3トンクラス コマツ 日立 クボタ系
等ユンボの大きさと重量。コマツの0.08~0.25立米程度の小旋回型のユンボは。登坂能力。30度
。ユニック車からユンボを降ろすときは。ユニック車全体を傾ける。それ
以上のサイズなら。ラフタークレーン吊りが基本となりそう。

立米はバケット容量です。工事業者さんは殆ど立米で指定しますね。何立米かわかればだいたいの重量もわかります。バケツ容量 総重量だいたい0.07立米 → 2トン0.1 立米 → 3トン0.15立米 → 4.5トン0.2 立米 → 5.5トン0.25立米 → 7.5トン0.45立米 → 12トン0.7 立米 → 20トン○○立米 … バケット容量?○トン … 機械質量小松より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です