参院選2019 今回の参議院選どの政党に入れれば良いか真

参院選2019 今回の参議院選どの政党に入れれば良いか真。白票なら白票で十分良いと思いますよ。今回の参議院選、どの政党に入れれば良いか真剣にわかりません 憲法改正は必要だと思いますが、自民党に投票すると消費増税がついてくるし、かといって野党にいれるなんてとんでもないし 白票を投じるというのはいけないことだと思いますか 参議院選挙で困っている人向け。そこでここでは。投票日直前の今からでも間に合う。役に立ちそうなサイトを
紹介します。 まずはボートマッチをおすすめ 「支持政党なんかないし。
そもそもどこに入れたらいいのかさっぱり分からない」という人にオススメ#参院選2019。選挙ドットコムでは。各政党?政治団体以下。各党がホームページ等で公開
している公約?政策?主張や直接取材をした結果を踏まえて表にまとめました。
主要なテーマに対する各党の立場のほか。それぞれが政策集などで

選挙について:よくある質問:参議院。第回通常選挙昭和58年1983年から採用されましたそれまでは
全国を一つの選挙区とし候補者個人へ投票する「全国区制」。 なお。比例代表
制は。第18回通常選挙平成10年1998年まで「拘束名簿式比例代表制

白票なら白票で十分良いと思いますよ。白票数というものもしっかりカウントされますからね。ただ、自分の場合はもうちょっと先を見て投票するよう心がけています。消費増税は確かにやめて欲しいですが、それによって財源が確保されればいいなと。憲法改正、安全保障、景気等鑑みて自民党かなー。自分は。既に国税庁から増税に向けての指針が出ているくらいですから、どうあがいてもこの流れは止められないと思います。それならば他の経済面、外交面で判断するしかないわけですが、残念ながら自民党の他に政権与党を任せられる党がありません。一矢報いるなら維新でしょうか。憲法改正が賛成なら維新の会か国民民主党がいいのでは?増税は反対しています。実際、入れる場所ないよ。浮動票の人は、自民党の力をそぐか否かくらいの判断でしか投票できない。自民党がいかに大敗しても消費増税は行なわれます。消費税10%というのは、どう考えても今以上に経済は下降しますし、消費は冷え込みます。つまり我々の暮らしに一番直結する問題ということです。あくまで自民、公明が消費税10%というのなら、気に入らなくても、この際野党に投票すべきです。実現させないためには手段を選んでいる場合ではありません。少なくとも、現在の安定を望むなら自民党関係でしょう。社会の混乱や、韓国、中國の言いなりにならざるを得ないと思えば野党でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です