スイカの育て方?栽培方法 すいかの摘心についておしえてく

スイカの育て方?栽培方法 すいかの摘心についておしえてく。家庭菜園して結構になります。すいかの摘心についておしえてください 一般的には5-6枚本葉がでたら摘心し子ずるをのばしなさいと説明されていますがわざと摘心せずに放任したらどうなりますか 蔓だらけで結実しませんか 素人ですのででき、ふできはかまわないのですが 放任して収穫している方もあるようですが 今回私の場合はほぼ放任していますが雌花が無く雄花ばかりですが関係ありますか
他の野菜でもやたら摘心説が中心になっていますが少し納得がいきません 農業を知らないものですから愚問ですみません 植え付けから収穫までスイカ栽培の手引き接ぎ木苗の育て方。逆に。葉がこみあったり日照不足だと徒長して。側枝の発生が悪い苗になり
やすいので注意して下さい。 スイカの接ぎ木苗 低温伸長性や土壌伝染病害つる
割病への抵抗力を高めるため。ユウガオやカボチャを台木とした接ぎ木苗が一般
的です。また。スイカの仕立て方は様々な方法がありますが。家庭菜園の大玉
栽培では本葉?枚で親づるを摘心し。子づる本整枝果取りがバロー
について

スイカ。スイカ 地ごしらえ; 植え付け; 整枝; 人工授粉 摘果と玉直し; 追肥。敷きわら; 収穫
; 栽培のポイント本葉5~6枚で親づるを摘芯し。生育のよい子づるを3本
伸ばしてネットに誘引していくか。親づると親づるの3~4節目から伸びる生育
のすいかの摘心についておしえてください。スイカの栽培方法?育て方のコツ。スイカは次のようにツルを整枝し。子づるを本仕立て小玉は?本仕立て
にします。 親づるは。?節目で先端を摘心; 子づるは。勢いのよい本を残して
取り除く小玉スイカの仕立て整枝/野菜の育て方?栽培方法。一般的には。子づるを4本残し。そのうちの子づる2本に1個の果実をつける
ような仕立てを行います。 1親づるの本葉が5~6枚でつるの先端を摘み
ます摘芯。 2元気の良い子づるを4本を伸ばし。他の子づるは摘み取り

スイカの育て方?栽培方法。親づるは本葉~枚で摘芯し。第節の子づるは摘除し。他の子づるを本残し
ます。子づるの生長に合わせてワラを敷き。絡みあわないように配置します。第
雌花までの孫づるは摘み取ります。各子づるの第雌花が開花したら人工授粉し。小玉スイカの育て方を徹底解説。家庭菜園では。小型で多くの実がつく小玉スイカが。育てやすくておすすめです
。月下旬~月中旬に接ぎ木苗を畑に植えつけ。~月に収穫するのが一般的
です。事前に確認してください。スイカの雌花の多くは子蔓や孫蔓につく
ので。本葉~枚になって蔓が伸びはじめたころ。親蔓の先端を摘み取ります。農家が教える甘いスイカの育て方。スイカの土づくり~畑の準備~; スイカの植え付け; スイカの摘心とつる管理~
仕立て方~; スイカの追肥; スイカ一袋の種を購入すると広大な面積を必要とし
ますので。月の植え付け時に必要な分の購入苗を利用しましょう。親づるを
利用する方法もあるのですが。今回は分かりやすいように。果実を子づるだけに
着果させる一般的な方法をお伝えします。 まず。親づるの葉っぱが節葉と葉
の間隔を節として計算しますのところで先端を切ってしまいます。

家庭菜園して結構になります。スイカは葉っぱを5枚で親ツルを折っていました。最近、ツルが5本伸びるので双葉からもツル出るので何本カナ…4本にして四角の対角線状態にして子ツルを伸ばすとまんべんなく肥料を取る事が出来るのだそうです。U字の針金で風で飛ばない様にすると良いらしい。自分も放任していたので風が吹けばツルが並びひげで1つに成りとほったらかしでした。確かに実って欲しい!と思うと肥料が十分行き渡った方が伸びるなぁ~と!かなり前にスイカの家庭菜園講習会で聞いた話ですが、親ツルに実るスイカはハズレが多い。空洞化なりやすい。形がキレイに丸くならない等だったと思います。その頃は9枚で落とせと言われていたのですが、自分は5枚にしていました。その後、上に書いたように4ツルにしています蔓だらけで結実しませんか? 親ツルを放任すると親ツルが伸び子ツルや孫ツルの伸びが遅くなっていると思います。子ツル&孫ツルに花がつきやすいので実がつくのが遅れるような気がして親ツルを切っていました。貴方の場合は雄花ばかりとの事なのでこれから雌花が咲くのだと思います。想像ですが、親ツルの放任なので花が咲く時期が遅くなっている=雄花の時期なのでは無いかと想像します。ツルだらけになるってのは子ツルが伸ばし放題+孫ツルが伸ばし放題の時になってツルが根元で山のようになっていました。最近教えてもらった事ですが、子ツルは親ツルの4枚葉っぱの子ツルまで落として5ツル目から孫ツルを伸ばす。この時は株が小さいので子ツルを取る事は可能です。そうすると株元がツルだらけにならずに済むそうです。ツルだらけなのは風が通らず病気になりやすいのだそうです。子ツルは150mまでの雌花は取るって事も聞きました。長さがグチャグチャでわからないのでこれは出来ずにいます。肥料のやり方はどうしていらっしゃるかわからないですが、自分のやり方です。①苗を植える場所に30センチ位の深い穴をスコップで掘り、油かすや鶏糞などの肥料を小さいスコップ1杯入れて土を掛けて苗を植える。こうすると株からのツルの伸びが速くなりました。②苗から1メートルの所にドーナッツ状に溝を掘り、肥料と米ぬかを入れて埋める。苗から1メートルを超えた所に雌花がつくので肥料が十分に無いと実が黄色くなって落ちてしまうから肥料を入れておく。ツルの伸びが速いと思います。米ぬかを入れておくとスイカが甘くなる。入れてない場合はツルの30センチ先にいちいち肥料をシャベルで埋めるって人もいました。家庭菜園を始めた時にどうしてもスイカ作りを成功したくて畑ですごいスイカ畑を見たら育てている方に作り方を聞いたやり方です。かなり昔なので作り方が時代に合っていない可能性もあります。家庭菜園程度の知識ですのでプロの方から見ると足りない事が多いかと思いますよ。放任でも結実できます、なぜなら野生では誰も摘心してはくれません。摘芯の主目的は、根系の発達を促すためにやるんです。多くの植物で、地上と地下は鏡像になります、スイカも同じで子ツルが放射状に拡がれば根も放射状に拡がります。一定規模に根が拡がると、雌花が充実して展開するんですが、性ホルモンの関係で最初は雄花ばかり、8節以降に必ず雌花は咲きます。家で採るなら放任で収穫時期が異なるほうが都合がいいです。ただ着果が遅れると未熟なうちにツル枯れする危険度が増します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です