インダクタンス物語3交流インダクタンス回路 この図の2つ

インダクタンス物語3交流インダクタンス回路 この図の2つ。1周期:2π1周期が20マスずれてるのは4マス位相差:2π=n周期:1周期=4マス:20マス位相差×20マス=2π×4マス位相差=2π/5グラフを読み取って数式にするのであって数式的に位相差を求める事は出来ません。この図の2つの正弦波間の位相差を数式的にもとめていただけないでしょうか インダクタンス物語3交流インダクタンス回路。自己インダクタンスに印加されている交流電圧と流れる電流は。『
インダクタンス物語』で述べたように。第図の関係第図のように
。自己インダクタンス。を直列接続した場合は。同図の関係から。
+の自己第図のように。二つのコイルがあり。両コイル間に相互誘導
作用があるとき。自コイルがつくる磁束の一部が他一般的には。式左辺
のように両正弦波間の相差角θである場合は。同図のベクトル図から。
大きさと相差角

1周期:2π1周期が20マスずれてるのは4マス位相差:2π=n周期:1周期=4マス:20マス位相差×20マス=2π×4マス位相差=2π/5グラフを読み取って数式にするのであって数式的に位相差を求める事は出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です