お客様の声 車検について いつもお世話になってるショップ

お客様の声 車検について いつもお世話になってるショップ。ここの回答者が今月車検を運輸支局で通したことがあるのか疑問です。車検について いつもお世話になってるショップに連絡したら、純正シートじゃないと車検に通らなくなったと言われました レカロやブリッドなど保安基準に適合してるとか関係なくシートが変わってるとダメになったらしいのですが、調べてもそのような記事が見つかりませんでした これは本当なのでしょうか それとも地域や見る人によって違うだけでしょうか 詳しい方に教えていただきたいです よろしくお願いします パーツ持込み取付。全国で自動車の車検。点検の認証工場?指定工場だけでなく車修理?オイル交換
?パーツ持込み取付のための整備?修理工場もご紹介!整備?修理?塗装?
板金 気になる愛車のキズ?へこみ修理!車検ってどうしたら良いの?
その他。シーズンごとのスタッドレス。サマータイヤ交換や車のトラブル。整備
や日常メンテナンスについても お近くに有限会社 カミオ [愛知県岡崎市] 前日
閉店前連絡し。部品手配。翌日修理していただきました。いつもありがとう
ございます!

アップル車検北大阪。アップル車検北大阪 ダイハツ北部販売株 車検サービスの評判?口コミ件
また不備などありましたら連絡したいと思います。部品の交換について
きちんと説明してくださり。勝手に色々交換してしまうことがないだけでなく。
しばらくは交換楽天車検がいつものお店で利用できて割引やポイントまで
ついて良かったです。現車を含めて過去台ほど車検でお世話になっています
ので。かれこれ十数年経ちますが。いつ来ても変わらない対応をして頂けてい
ます。インフォメーション。佐野市エリアの車検なら。オートバックス佐野にお任せください。新規会員
登録パスワード再設定の方はこちらネットショップ車検?タイヤ交換なら
オートバックス ; 店舗情報トップ ; 店舗検索お暇ありましたら是非のぞいて
みてくださいいつもお世話になっております!年中無休ですので。困った
ときはいつでもご連絡ください。当店では車検だけでなく。クルマの 買取
と 販売 をしているのはご存知でしょうか!レジ袋の有料化についての
ご案内*

車検?点検もアリーナ西にお任せください。最近乗ってて気になる事がある… スズキでは愛車無料点検も実施していますので
お困りのお客様がいましたらどんどんご来店下さい ホームページからも整備
のお問い合わせを受付しておりますので お気軽にご連絡下さいお客様の声。これからも気になることがありましたらお気軽にご連絡ください^^
いつもお世話になっております。 今回は車検で利用させて頂きました。 車
についての知識が無いので。不安点等について親切にご対応して頂けて。安
心してお任せできております。毎回 車検でお世話になっていますがいつもの
ことながら丁寧な説明や感じの良い対応 そして行き届いたアフターケアには感心

長い間。修理やカスタムについても相談しやすく。スタッフの対応もとても良いです。
店長さんが車検や点検等のお仕事以上に人間として親身になって本気で懸命に
なってくれます。私たちの為を考え一番のはどうしたら良いか。こうすれば
車屋さんは儲かるけどお客様にとって一番良い方法をトータル…コバック伊丹
昆陽店で車の買い替えをしましたが。 いつも丁寧で安心できるお店なので大満足
です。メリット1 使い慣れたで簡単に連絡が取り合えます!お客様の声。車検?整備を受けて/板金修理ご入庫のお客様より – 良かった点?良かった
スタッフ。気づいた点 等 いつも今野今回は車検でお世話になったがわかり
やすく説明してくれて良かった。他社以前待合室について清潔感。
フリードリンク。喫煙所有り。トイレが清潔。 年いつも丁寧で
わかりやすい説明で本当に心地よいお店です。自宅からは店舗の雰囲気。非常
に良い待っている間。店の雰囲気が落ち着きます。気持ちが受付したら待た
せないので良い。お客の質

ここの回答者が今月車検を運輸支局で通したことがあるのか疑問です。先月、先々月と車検を通しましたが、それでも検査員のやりかたが微妙に違いました。国交省からの通達が出ているのかもしれません。運輸支局に聞いてみましょう。>いつもお世話になってるショップここ、指定工場じゃないですか?指定工場だと、内規で断ることが多いです。ですから「そのお店では無理」と考えて、他所を当たった方が早そうです。他の方が書かれている「今月」というのなら、ちょっとわかりませんが、数ヶ月前なら、うちのほう都内では、運輸支局普通車も軽協軽自動車も、特に問題なく通りました。誤りです。ですが判断が厳しくなったのは事実でしょう。私も昨年の車検で指摘されました。正確にはシートレールでしたけれど。さて、では純正シートとは一体何でしょうか?自動車メーカーが作ったシートでしょうか。シート専門メーカーが設計や製造に係わったシートを自動車メーカーが採用したシートでしょうか。「純正」なら不具合があっても壊れていても良いのでしょうか。その話は正確には「保安基準を満たしたシート」となります。純正シートは当然、この保安基準を満たしています。では自動車メーカー以外のシートは全て駄目なのでしょうか。そんな事はありません。自動車メーカーのシートと同じく、保安基準を満たすように造られ、それを証明できれば良いのです。自動車メーカーのシートと同じ段取りを踏んでいるのに、性能を無視して駄目だという事はありえません。ちなみに、社外シート取り付けのためのシートレールで「ナニワヤ」という会社があります。様々な車種に対応しており、品質も良いのですが、車検について調べていると、ある記載を見つけてこの会社は買う価値が無い所か買ってはいけない会社だと判断しました。「よくある質問」の「車検について」のシートレールの車検合否について記載がありますので抜粋します。“ナニワヤシートレールは車検に通りますか?証明書類等は付属しておりませんが基本的には車検に通ります。※1※1. 一部ですが陸運局検査官?一部ディーラー?民間車検場などの判断によってパスできないケースもありますので 車検の際ご利用いただく陸運局?お店様等へ事前に確認していただく事をオススメ致します。”これでは保安基準の“当該自動車が衝突等による衝撃を受けた場合において、乗車人員等から受ける荷重に十分耐えるものとして、構造等に関し告示で定める基準に適合するものでなければならない。”という項目を満たしていると断言する事はできません。むしろ「車検に通る」と謳うのであれば、証明書を付属する事が付加価値になります。レカロのようにシート専門メーカーが提供しているシートレールはその証明書がありますが、対応する車種は非常に少ないです。ですので証明書があるというのは非常に大きな武器となります。それをしないのは、「多分大丈夫だけど、面倒臭い」という程度のくだらない理由か、強度を証明するための知識が乏しく自信が無いかのどちらかでしょう。例えば、同じくシート専門メーカーの提供するシートに適合するシートレールを販売している会社に「トライアル」という所があります。こちらはしっかりと証明書を発行しています。実際の強度や品質はどちらが良いのかは分かりませんが、少なくともこちらは保安基準に必要な性能を満たしているという信用はあります。あなたがお世話になっている店も、その言動の意味や理由を正しく把握し、信用できるか否か考えた方が良いかもしれません。信用は技術や知識などよりも格段に重要な事ですから。社外シートでも条件揃っていれば、合格出来ます。条件を知らない検査員は、調べるのが面倒、間違って合格にするのが怖い、等の理由から「純正以外ダメに法律かわっちゃったんだよねぇ」と言うかも知れませんね。保安基準適合シート + 保安基準適合シートレール なら通常は問題ない。証明書も発行してくれるし保安基準適合シールも貼られている。ただし、シートメーカーは保安基準適合しているだけであって「車検」を保証するものではない的な書き方はしていたはず。強度テストなどの検査を受けて合格してる物レカロなどならシートレールや座席本体は車検に通ります!不認可の物でもしっかりと固定されていてガタつきが無い場合は検査官次第で通る時あり。ディーラーなどの独自検査は当方知りません。厳密なこと言うとシートとシートレールセットで強度試験取ってるので純正以外だとレカロのシート+シートレールセット以外は強度計算書が必要ということになります。今現在はどうか知りませんが、以前ブリッドはレールはレール単独だったはず。実際そこまで四角四面にチェックすることがあるのかどうかわかりませんが自分の知る限りではそんな話は聞かないそういった事情から、純正シート以外受け付けない車屋さんが増えたのは事実ですね。この件で軽自動車審査協会に見解を問いただしたYoutuberが居ましたが返事はうやむやでしたね…原則論よか現場判断優先みたいです。いつもお世話になってるショップに連絡したら、純正シートじゃないと車検に通らなくなったと言われました。保安基準に適合した社外品シート装着車検問題は無いそこの陸運支局が何と言ってるか?によるかな?検査員によって色々あるようです。スポーツシートの定義は既回答の通りで、変更は無いです。書類さえあれば問題はないと思いますが。そんなことないです。保安基準に適合したシートなら車検はパスできます。そんな決まりができたならレカロやブリッドの日本法人は潰れますね笑私の経験則からの話ですが、レカロ、ブリッド、スパルコあたりのいわゆる有名メーカー品であれば、特にジロジロ見られることもなくパスします。シートとレールをパッと見て、あ、OKですね、みたいな感じです。加えて、シート、レールともに、書類があれば間違いないです。新品で購入すると必ず小冊子みたいな感じで付属してきますが、これが証明書になります。ただ、ノーブランド品や価格の安いメーカーのシートは細かく見られます。保安基準に適合していなければその類の試験を受けていなければ問答無用でアウトですが、書類があっても取付状態などけっこう見られます。一般的に販売されているスポーツシートは、強度などの基準は大抵クリアしているものが多いのですが、最も引っ掛かるところは「難燃性」の基準です。仮にレカロと全く同じ素材を使っていたとしても、製造メーカーが違う以上試験に通っていないことになるので、NGとなります。直接陸自に車検行く場合は、シートメーカーの資料が陸自に保管されてます。保安基準に適合されてるかその資料を確認します。ディーラー、認証工場などでは、資料がないので断る場合はあります。直接陸自に持ち込み車検でも念入りにチェックされる事はあります。因みに、基準は変更されてません大嘘です陸運局の検査員がどうやって調べるんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です